年賀状におすすめのプリンター

[TOP]

2019年用の年賀状テンプレート

年賀状を印刷するにあたって、おすすめのプリンターは、1・インクが長持ちすること(ランニングコストがいい)、2・画質が綺麗、3・印刷速度が速い の3点が優れているプリンタです。

今回おすすめするNECのカラーレーザープリンタ「MultiWrite5750C」は、ランニングコストが良く、2年間使用して、まだ一度もインクを交換していません。以前使用していたインクジェットプリンタは、年賀状の印刷に使用後、1カ月もするとインクが詰まってしまい、残量が半分以上残っていても使えなくなるような状況で、かなりやきもきしていました。(ストレスがたまり、損した気分になります)

印刷スピードも、インクジェットプリンタより速く、大量印刷をするのに向いています。(片面カラー印刷で1分18枚)

画質に関しては、個人差があるのでなんともいえませんが、個人的には全く問題ないと思っています。(出力解像度:600×600dpi 諧調:1670万色(各色256諧調)) 2013年の年賀状は、このプリンタで印刷して出しました。

デメリットは、プリンタが大きいこと(400×457×415.6 単位mm)と、重い(19kg)点が挙げられます。買う前にプリンタを設置するスペースを考えておくことをおすすめします。

カラーレーザープリンタ5750C

トレイに年賀ハガキを複数枚束にしてセット出るので大量印刷も楽です。

トレイに年賀ハガキをセットする

注意すべき点は、下の写真のようにプリンタ側の操作パネルで、用紙サイズを「ハガキ」に設定する必要がある点です。標準ではA4サイズになっているので、ここを変更しないとエラーになります。またパソコン側の印刷設定でも用紙サイズを「ハガキ」に設定する必要があります。

操作パネルでハガキサイズに設定する

5750Cで印刷した年賀状をカメラで撮影したものです。紙はテストプリント用紙を使用していますので、画質はそれほどよくはありません。

印刷した年賀状

下の写真のようなテストプリント用紙もあります。画質チェックやレイアウトの確認用としてあると便利です。ホームセンターなどで売っています。

テストプリント用紙